注目の記事 PICK UP!

2019年 上半期ライブ動員ランキング発表!1位は国民的あのバンド…

2019年上半期ライブ動員数ランキング

株式会社SKIYAKI APPSは、同社が運営するサービス「LiveFans」にて『2019年 上半期ライブ動員ランキング』を発表しました。

このランキングは国内で開催されたコンサート情報をもとに、各会場の収容人数を合計した推定値で計算された数値からランキング化したものとなっています。そのため、フェスや海外公演は除外されています。

気になる2019年 上半期ライブ動員数ランキングTOP5は、以下となっています!

わずか2,542人の差で2020年で活動休止を発表している嵐を抑え、1位となったのが国民的バンドとして親しまれているサザン・オールスターズでした!

今年はデビュー40周年を迎え、過去最大規模の全国ツアー『サザンオールスターズLIVE TOUR 2019「”キミは見てくれが悪いんだから、アホ丸出しでマイクを握ってろ!!”だと!? ふざけるな!!」』を行い、約65万人を動員しました。

桑田佳祐は、東京オリンピック民放共同企画「一緒にやろう2020」の応援ソングを担当することも7月24日に発表されたばかり。まだまだ目が話せません。

「LiveFans」のサイトでは、10位まで発表されているので是非チェックしてみてください。

【以下、プレスリリース】

アーティストやクリエイターへのファンの熱量の可視化を実現したサービス「bitfan」(※1)を中核とする会員総数267万以上(※2)を誇るオムニチャネルプラットフォームを提供し、“FanTech”分野(※3)のパイオニアとして新たな価値提供を目指し続ける株式会社SKIYAKI(本社:東京都渋谷区、代表取締役:宮瀬卓也、以下「SKIYAKI」)のグループ会社である株式会社SKIYAKI APPSは、同社が運営するサービス「LiveFans」において『2019年 上半期ライブ動員ランキング』を公開致しました。

ライブ動員ランキングとは、LiveFansに登録されているライブコンサートのデータから、独自に調査した各会場の収容人数を合計した推定値をランキング化したものです。ランキングの対象となるのは、2019年1月1日~2019年6月30日までに国内で行われたライブコンサートで、複数のアーティストが出演するイベントやフェスは除外して集計しています。

今回、総合ランキング1位を獲得したのは、今年デビュー40周年を迎えた「サザンオールスターズ」。過去最大規模のツアーとなった『サザンオールスターズLIVE TOUR 2019「”キミは見てくれが悪いんだから、アホ丸出しでマイクを握ってろ!!”だと!? ふざけるな!!」』では約65万人を動員。未完成の新曲やレア曲満載のセットリストを披露し、40周年に相応しいパフォーマンスを繰り広げました。

続いて、2位にランクインしたのは、8年連続開催となる5大ドームツアーを敢行している「嵐」。『ARASHI Anniversary Tour 5×20』は一人でも多くのファンがコンサートに参加できるようにという思いのもと、なんと全50公演が予定されています。総動員数は200万人を超える見込みで、2019年の年間ライブ動員ランキングの行方も大注目です。

そして「NEWS LIVE TOUR 2019 WORLDISTA」で約57万人を動員した「NEWS」が3位を獲得。10枚目のオリジナルアルバムである「WORLDISTA」の世界観をベースに、メンバープロデュースのステージ衣装やこだわりを詰め込んだ演出はファンならずとも惹き込まれてしまうこと間違いなし。最終日の長野公演では次回のツアータイトルも発表され、早くも次の展開に期待がかかります。

総合ランキングの他、ジャンル別のランキングも公開しておりますので、併せてご覧ください。

なお「LiveFans」では、ユーザーの投票で夏フェスベストアクトを決める企画を開催中。2019年の夏フェスでパフォーマンスが良かったと思うアーティストにユーザーが投票し、フェスごとに1位を選定。Twitterのアカウントで参加し、各フェスに1回投票することが出来ます。


※LiveFansに登録されている、2019年1月1日~6月30日までに国内で開催されたライブコンサートの情報を元にした独自の調査結果となり、実際の数とは異なる場合があります。
※ライブ動員数は、チケットが完売したと仮定して、当社で独自に調査した各会場の収容人数を合計した推定値です。
※複数のアーティストが出演するイベントやフェス、海外公演は集計対象外としています。
※本調査内容をご掲載される際は、以下の問い合わせ窓口までご連絡をお願いいたします。

(※1)「bitfan」は、ファンクラブ・EC・電子チケット・コンサート・SNSなどファンが利用する全てのチャネルからファンの行動履歴を記録し、その熱量を取得することができる、SKIYAKIが独自に開発したサービスです。
(※2)2019年6月末日時点
(※3)“FanTech”とは、“Fan×Technology”を意味するSKIYAKIが提案する新しいコンセプトです。時代にあったテクノロジーを用い、ファンとアーティスト、クリエイター、企業などの創造主との新しい関係を生み出し、これまでにない付加価値を創出することを目指します。

The following two tabs change content below.

Ayasa@編集部

Music Garage編集部のAyasaです。 好きなアーティストはあいみょん、カノエラナ、BENI、宇多田ヒカルさんなどシンガーソングライターやJ-POPSが大好きです。 MusicGarageのTwitterの更新も私がやっています!

関連記事

  1. hideのフォトブック

    hide(X JAPAN)の公式BOOK『#hide2020 Visual art Exhibiti…

  2. ROACHが新メンバーTONOの正式加入を発表!新ヴィジュアルと台湾フェスでのライブ動画も公開

  3. 韻踏合組合

    韻踏合組合がトップを獲りに来た!新曲「マイクリレー」のMVにはZeebraが登場

  4. Baby Kiyが“寒い季節に聴きたいセツナソング”をテーマにプレイリストを「AWA」で公開

  5. 藤川千愛が『引き寄せられて夢を見る』を11月11に配信開始!16日にはアニバーサリーライブも

  6. ROACH_台湾

    ROACHの新MV『Breathe』が公開!!白熱する台湾でのライブ映像や道中のオフショットが収めら…

  7. 2020年に復活!!RAGE AGAINST THE MACHINEがライブ公演を公式発表[追記]フ…

  8. 2019年9月リリースされるCDを ピックアップして紹介!

  9. Amazon Prime Music

    浜崎あゆみ、DA PUMPら180組以上が聴き放題に!Amazon Prime Musicでエイベッ…

PAGE TOP