注目の記事 PICK UP!

ファルセットの出し方にはコツがあった!男性と女性に分けた練習方法も紹介

ファルセットの出し方

歌が上手くなりたいなら、プロになりたいならファルセットを習得することをオススメしています。

歌唱力のある人がここぞというところで使うテクニックであるファルセット。ファルセットを使うことでカラオケやライブではまるでプロが歌っているかのように周りを感動させることができるようになります。

あなたの歌に聞き惚れてしまい、目が奪われている状態になるでしょう。

これは決して大げさではなく、それほどファルセットには歌や曲を魅力的に表現することができるのです。もちろん歌える曲の幅だって広がっていきます。

それだけ人を魅了するファルセットですが、決して難しいことではありません。しかし、トレーニングや声の出し方を知らないと喉をすぐに痛めてしまいます。

そこでこの記事では、喉を痛めず自在に綺麗なファルセットが出せる方法とコツを紹介させて頂きます。

ファルセットってなに?裏声との違い

多くの人が「ファルセット=裏声」だと思っている人がいいようですが、それは半分間違いです。

ファルセットとは、裏声のなかの一種ではある「息漏れさせたやわらかい裏声」のことです。

裏声にはファルセットのほかに、「ヘッドボイス(芯のある頭に響くような裏声)」と、「ミドルボイス(裏声と地声を混ぜた芯のある裏声)」の2種類あります。

この裏声3種類のなかの一つがファルセットなのです。

ポイント

【3種類の裏声】

①ファルセット:息漏れさせたやわらかい裏声のこと。感情的な、繊細な声を出すことができる。

②ヘッドボイス(頭声):息漏れが少なく、芯のある頭に響くような裏声のこと。オペラ歌手やハイトーンなロックボーカリストなどが使っている。

③ミドルボイス(ミックスボイス):裏声と地声が混ざった力強い裏声のこと。地声に誓いに裏声で、比較的多くの歌手が使っている。

裏声のなかではファルセットは出しやすく、ヘッドボイスやミックスボイスはしっかりとした練習をしないと習得することができません。ヘッドボイスやミックスボイスを出せるようになりたい人は、裏声の基礎となるファルセットを自在に出せるようになってから練習するようにしましょう。

ちなみに地声のことを「チェストボイス(胸声)」といいます。チェストボイスは「表声」とも言われ、声帯の前側の方を使い胸部に響かせる発声方法のことです。

一番出しやすい腹式呼吸を使った歌い方で、これに裏声を使いこなすことで低音域から高音域まで楽に歌うことができます。

裏声がコントロールできるようになると、歌える曲のレパートリーを増やすことができ、表現の幅を広げることができます。

ファルセットの出し方と練習方法

男性が安定してファルセットを出すことは、女性に比べて難しいと言われています。

そのため男性は最初は苦労するかもしれませんが、そんなに難しいことではないので基本を何度もやって身体に覚えさせていきましょう。

ファルセットを練習することで、音程のコントロールが今までよりずっと楽になります。

また、ファルセットを身につけることでミックスボイス(ミドルボイス)も習得ができるようになります。

ここで一気に歌の幅を広げることができるようになるんです!

▶ファルセットの出し方・練習方法の基本編

最初は、「ホーホー」「ラリホー」「ルルル」「ラララ」と、いろんな言葉をファルセットで出してみてください。

または女性や子供の高い声をマネして喋ってみてもいいでしょう。それが少し恥ずかしければ、ハミング(鼻声)でやっても大丈夫です。

コツは口角を上げ、顔の上半分をニッと笑った感じにしてみてください。真顔でやるときよりずっと出しやすいはずです。

このとき頭のてっぺんや、眉間やほお骨、鼻腔の奥など、いろんなところに声を響かせるイメージでやってください。

やっていくなかで出しやすいところ、完成度の高いところを覚えて重点的に練習しましょう。

ファルセットを出すときに注意することは、喉を絞らずに脱力した状態で歌うことです。喉を絞ってしまうと地声が混ざってしまい濁った声になってしまいます。

試しに少しだけ喉を絞った状態と喉を絞らない状態でファルセットを出してみてください。

どうですか?喉を開いて出した方がファルセットの「息漏れさせたやわらかい裏声」になりませんか?

このとき鼻筋から脳に抜けるようなイメージでやってみましょう。自然と息も大きく出ていっているのが分かると思います。

▶ファルセットの出し方・練習方法の応用編

基本を覚え、正しいファルセットが出来るようになったら今度は「呼吸のコントロール」を身につけていきましょう。

ファルセットは物凄く息が出ていく歌い方なので、呼吸を安定させなければ途端に息切れしてしまいます。

また、息が出ていきすぎることを恐れ呼吸が弱くなると高音は出なくなってしまいます。

この呼吸を安定させるには腹式呼吸が欠かせません。

お腹に手を当て、息を吐きながらお腹の膨らみを感じたら息を吐きましょう。それが腹式呼吸になります。

息を吐く際にファルセットを出すのですが、このときお腹から声を出すように意識しましょう。最初は難しいかもしれませんが、腹式呼吸は歌の基礎中の基礎です。必ずマスターしてください。

逆に腹式呼吸ができていれば、どの歌い方も楽にもできるようになります。

メタル系で使われているデスボイス(デス声)も腹式呼吸が使われるぐらいです。

 

【男女別】ファルセットの実践練習でオススメの曲

ファルセットの出し方も分かったところで、いよいよ実践の練習方法についてです。

まずはファルセットと地声で繰り返し発声練習をします。発声練習はどんな言葉でも構いません。

このとき、ギターやピアノ、もしくはピアノアプリなどを使って音程に合わせて発声練習してみましょう。

「ドレミファソラシド~♪」と低い音から高い音へ地声からファルセットへと自然に流れるように発声しましょう。

それが出来たら「ドシラソファミレド~♪」と高い音から低い音へ、これもファルセットから地声へと自然に流れるように発声しましょう。

どの音で切り替わるかは人によって違います。何度も練習して、自然に歌えるようになることで実際の歌を歌ったときに地声からファルセットへの喚声点がスムーズになり、綺麗に使い分けられるようになります。

それでは実際に男女別にファルセットがふんだんに使われている曲を紹介しますので、それぞれ好きな曲を選んで歌ってみましょう。

▶【男性編】ファルセットの練習曲

男性アーティストの曲で実際に歌いながらファルセットを綺麗に使えるようにマスターしていきましょう。

女性でも歌えますので、女性用の練習曲が難しい場合はまずは男性用の練習曲で練習しても大丈夫です。

逆に女性用の練習曲は、音域的に男性には少し難しいかもしれません。なので男性はまずは男性用の練習曲をマスターすれば大丈夫です。

スキマスイッチ『奏』

初心者向けのファルセットの練習曲がこのスキマスイッチの『奏』です。サビの部分では、優しいファルセットが求められますので、メロディにあわせしっかりと出すことを意識しましょう。

森山直太朗『さくら~独唱~』

シンプルな曲でありながら、曲の最初から最後までファルセットやビブラートも使われる、ファルセットのための練習曲といっても過言ではないのがこの森山直太朗の『さくら~独唱~』です。

EXILE『We Will~あの場所で~』

サビの部分で使われるファルセットは、呼吸のコントロールが重要なポイントとなります。腹式呼吸がしっかり出来ていないと歌い上げることができないため、腹式呼吸の練習としても最適な曲です。

▶【女性編】ファルセットの練習曲

女性用に用意した練習曲は、ソロアーティストばかり。それだけに世界観が重視された曲でファルセットがとても重要な役割を担っています。

しっかりと練習して、綺麗なファルセットを習得しましょう。

練習場所は防音に不安がなければ自宅でも大丈夫ですが、可能ならばカラオケなどを利用して歌う方が変なクセもつかずに練習ができます。

平原綾香『Jupiter』

代表曲でもある『Jupiter』は、ゆったりとしたメロディでありながらも息の長いファルセットが必要になります。ここで重要なのは呼吸のコントロールです。

腹式呼吸がしっかりできていないと、声が強すぎたり弱すぎたりしてしまいます。また、それを意識するあまりファルセットの基本を忘れてしまいがちになるため、喉を開いた状態で歌えているかひとつひとつ丁寧に確認しながら歌いましょう。

一青窈『もらい泣き』

この曲は全体を通してファルセットでのビブラートが必要になります。とても高度な技術ですが、肩の力を抜き、リラックスした状態をキープしたまま歌い上げましょう。

世界観が重要な曲でもあるため、自然に優しく歌い上げれるよう何度も練習してファルセットを使いこなせるようになりましょう。

絢香『三日月』

『三日月』は呼吸のコントロールが非常に難しい曲です。ここで重要なのは腹式呼吸です。腹式呼吸を意識して行うことでこの曲で求められる力強いファルセットを出すことができます。

ファルセットが上手く出せないという方へのアドバイスとコツ

ファルセットは声や呼吸のコントロールが難しい歌唱方法です。特に男性は苦手が多い傾向にあり、間違った発声でファルセットを行うとすぐに声がかすれてしまいます。

そこでファルセットを出しやすくするために意識するポイントを紹介します。

①体の力を抜きリラックした状態をつくる

慣れないうちはファルセットの場面になると、つい身体や喉に力が入ってしまいます。これは慣れない緊張感や高音を出そうと意識してしまうことから起こってしまいます。

力が入ると声が裏返りやすくなってしまいます。力を抜くためには、息を吸いながら両肩を限界まで上げて、フゥーっと息を吐きながら両肩をストンと下に降ろしてください

②喉を開いた状態をつくる

高音を出そうとするとつい喉を締めてしまいがちになります。そのため、喉を開いた感覚を身につけることがファルセットを出しやすくするには重要です。

慣れないうちは舌を前に出して「あっかんべー」の状態で、発声練習を行いましょう。舌を出した状態は喉が開いている状態ですので、その感覚が身につけるように発声練習をしましょう。

③腹式呼吸で歌う

ファルセットは吐く息の量がもっとも多い発声法のひとつです。上手くファルセットができない理由の一つとして、呼吸がコントロールできていないことがあります。

腹式呼吸が身についていない恐れがありますので、腹式呼吸を無意識で行えるようお腹を意識してファルセットが出せるようにしましょう。

④声量を落としてみる

高い声を出そうとするとどうしても細くなってしまうため、無理に力強く出そうとしている人も多くいます。最初のうちは声量は小さくてもいいので、まずは正確なファルセットの発声方法を身につけてから声量を上げていくようにしましょう。

⑤声が頭の上に抜けていくのをイメージする

ファルセットを出すとき、鼻筋から脳を通り頭の上に抜けていくのをイメージしながら歌うようにしましょう。このときに手のひらを地面と水平にした状態からファルセットを行うと同時に上に上げてみましょう。プロもやっている方法で、ファルセットを綺麗に出しやすくなります。

また高い声を出すイメージもつきやすいといったメリットもあるため、是非ともやってみてください。

ファルセットをマスターして聞く人を魅了する歌い方に

ファルセットが自在に使えるようになることで、あなたの歌が幅が広がり、より魅力的に歌うことができるようになります。

難しそうに思えたり、高度なテクニックが必要かと思われる人も多いようですが、決してそんなことはありません。

正確な発声方法さえ身体に覚えてしまえば、とても簡単に扱うことができるようになるんです。

コツを一度掴んでしまえば、今まで歌えなかった歌が歌えるようになり、どんどん歌うことが楽しくなってきます。

この記事で紹介したファルセットの発声方法や練習方法を参考に綺麗なファルセットを身につけて、周りを驚かしてみましょう。

 

本格的に腹式呼吸や歌を習いたい方に

ファルセットを直接習いたい方や自分だけで行うボイストレーニングに限界を感じたら、プロの講師に教えてもらうことをオススメします。

無料体験ができるところもありますので、まずは自分にあったボイストレーナーをみつけてみてはいかがでしょうか。

▶シアーミュージック

シアーミュージックでは、独学ではなかなか学べない発声方法はもちろん、記事では紹介するのが難しい声のコントロールの方法やトレーニングなどさまざまな上達法を教えてくれます。

今なら無料体験レッスン受付中なので、気になった方はぜひ下のボタンをクリックして詳細を確認してみてください。

 

▶EYS音楽教室

「楽器がもらえる音楽教室」として話題と鳴ったEYS音楽教室です。ボーカルや楽器以外にも、DTMレッスンや作曲、アレンジコースなど多彩なコースが揃っています。

  

The following two tabs change content below.

Ayasa@編集部

Music Garage編集部のAyasaです。 好きなアーティストはあいみょん、カノエラナ、BENI、宇多田ヒカルさんなどシンガーソングライターやJ-POPSが大好きです。 MusicGarageのTwitterの更新も私がやっています!

関連記事

  1. EMTG電子チケット

    【2019年最新版】EMTG電子チケットの使い方や譲渡方法はこれで解決

  2. 音痴は直る!原因を見つけ改善する方法はコレ【今すぐ使えるテクニックも紹介】

  3. 誰でもすぐにリズム感が良くなる練習法!リズム音痴を鍛えるトレーニングを紹介

  4. 発声練習の効果まとめ

    動画で発声練習をマスター!どう練習すればいいのか分かる、自宅でできる正しい発声方法

  5. デスボイスの方法

    誰でも出来るデスボイス(デス声)の出し方!種類から練習方法、喉を傷めない方法まで紹介

評価の高い商品

デノン「AH-D5200」

Amazonレビューを読む

ファイナル「E1000」

Amazonレビューを読む

フェンダー「NINE」

Amazonレビューを読む

パイオニア『SE-MS9BN』

Amazonレビューを読む

エティモティックリサーチ「ER2SE」

Amazonレビューを読む

おすすめ記事

  1. noTOKYO オルタナ・ロック界を賑わすnoTOKYOが11月30日にライブ決定!
  2. 金子ノブアキの新プロジェクト“RED ORCA”が新曲「ORCA FORCE」を…
  3. 宮崎出身のSSW中島彩歌がリリース記念ワンマンライブ決定!新MVも公開
  4. 2020年に復活!!RAGE AGAINST THE MACHINEがライブ公演…
  5. MUSHA×KUSHAが10年振りのフルアムバム『影囁く暁に』を11月17日に発…

よく読まれている記事

  1. noTOKYO
PAGE TOP