注目の記事 PICK UP!

誰でも出来るデスボイス(デス声)の出し方!種類から練習方法、喉を傷めない方法まで紹介

デスボイスの方法

「カラオケでデスボイスを出して歌ってみたい」
「デスボイスを極めて自在に声を操りたい」

最近ではロックバンドだけでなく、アイドルグループでもシャウトやデスボイス(デス声)を使うようになりました。
そのためデスボイスを使えるようになりたい、といった人がバンドマンだけでなく、女の子の中にも増えています。

しかし、デスボイスは喉にとても負担をかけてしまう歌い方のため、間違った方法で出すと一瞬で声が飛んでしまいます。また、喉を傷つけてしまうこともあります。

これは脅しではなく、本当に一瞬で喉を痛めてしまうんです。
一時期、デスボイスを使っていたボーカリストが次々と声帯に腫瘍ができたり、ポリープができたりしました。

そのため、ボイストレーナーなどを行っている先生たちはデスボイスをすすめていません。それほど喉に負担をかけてしまう歌い方なのです。

しかし、最初にも言いましたが最近では喉に誰よりも気を遣っているアイドルでさえもデスボイスを使っている時代です。
喉に負担はかけるけども、それを最小限に抑える方法があるのです。

この記事では、喉に負担を極力かけない発声方法や練習方法、そして喉をケアする食べ物(ライブ前など歌う前に食べるもの)を紹介します。

デスボイスをマスターして、自由自在に声を操れるようになりましょう!

デスボイスの種類とよくある間違い

デスボイスはもともとメタル音楽で使われていた歌唱方法です。
低い声で地を這うような声をしていて、日本では「ダミ声」や「がなり声」と言った方が近いかもしれません。

今では曲の中のアクセントとしてデスボイスが使われていましたが、もともとは強い怒りや悲しみ、苦しみといった感情をあらわす為に使われていました。

またデスボイスはいくつもの種類があります。「うるさい歌唱方法」は全てデスボイスだと思っている人がいるようですが、違うので注意してください。

基本的にはデスボイスは低音の歌唱方法です。高音のキンキンするような歌い方は「シャウト」と呼ばれるもので、デスボイスではないので一緒にしないようにしましょう。

そのうえで、デスボイスは大きく2種類であることを理解してください。
フォールス コード スクリーム(False Chord Scream)フライ スクリーム(Fry Scream)です。

細かい種類を言い出すといくつもありますが、まずはこの2つを覚えておきましょう。
細かい種類については下記で紹介しています。

デスボイスの出し方

デスボイスを行う前はカラオケであっても喉の準備運動をしておきましょう。これをやっておかないと、迫力のあるデスボイスが出ないばかりか喉が一瞬で傷つきます。
コワオモテの人たちでさえ、デスボイスをするライブ前などでは喉のウォーミングアップをしています。準備はプロ意識を持って必ずするようにしましょう。

▶喉のウォーミングアップ方法

まずはロングトーン(一つの音を長く伸ばすという歌唱方法)で、「アーーーーーーーー」と声を出してみましょう。
そのまま「ドレミファソラシド♪」と大きな声で音程を変えながら言ってみましょう。

それができたら今度は「ドシラソファミレド♪」と一つずつ下がるようにしてください。このとき音程が外れてしまうことはそこまで気にしなくて大丈夫です。

デスボイスではこの低い音をずっと使うことになるので、これ以上下の音がでない、というところまでいったらその音で「アーーーーー」と、これまたロングトーンで練習するようにしましょう。

このウォーミングアップでは、デスボイスをいつでも出せる準備をしておきましょう。
また、デスボイスは喉を酷使する歌唱方法になりますので、水やのど飴を舐めながら喉が潤っている状態をつくっておきましょう。

▶デスボイスの発声方法

最初にデスボイスには2種類あるといいました。フォールス コード スクリームとフライ スクリームです。

それではこの2つの発声方法について紹介します。

フォールス コード スクリーム(False Chord Scream)の発声方法

おそらく多くの人がデスボイスと聞いて、想像するのはこのフォールス コード スクリームになります。

主に低音のデスボイスで、声帯を開き大量の息を吐き出すことで仮声帯を振動させることで出すことができます。
口を○(まる)もしく縦に長い楕円形の形にして、お腹を使って強く息を吐き出します。

「オ゛ォ゛ォ゛ーーーーー」と声はハッキリと出さなくていいので、口の開け方、息の出し方、お腹の使い方の3点を意識するようにしてください。

ここでポイントとなるのが、お腹の使い方です。
ここでも歌唱方法として基本となる“腹式呼吸”を使います。

腹式呼吸とは、横隔膜(胸とお腹を隔てる筋肉)の動きを中心とした呼吸法です。腹式呼吸をマスターすることで、瞬時に充分な息を取り込めるようになり、吐く息の微妙なコントロールができるようになります。
また、発声を安定させるための「喉が下がった(開いた)状態」を保つことができます。

やり方としては、息を思い切り吐いてから、自然に息が入ってくるのを待ちましょう。深く吐き、深く吸ってください。この吐くときに横隔膜を下げたままを保ち、すぐには戻さず少しずつ横隔膜を戻しながら声を出すのが歌うときに使われる腹式呼吸です。

以上の3点を意識してフォールス コード スクリームの発声方法をマスターしてください。

フライ スクリーム(Fry Scream)の発声方法

声帯を開いた状態で大量の息を吐き出しながら歌うフォールス コード スクリームに対して、声帯を閉じた状態から息を絞り出すようにして声を歪ませるのがフライ スクリームです。

フライ スクリームを出せるようになるにはエッジボイス(ボーカルフライやミックスボイスともいわれます」を出せるようになる必要があります。

エッジボイスの出し方については、ネットなどでも紹介されていますが、下記の本がとても参考になります。

このエッジボイスが出せるようになったら、裏声と合わせて出すようにします。慣れていないうちはか細い声になってしまったり、上手く声が出せないと思います。

上手く出すようになるには練習しかないのですが、ポイントとしてはここでも腹式呼吸を使います。
腹式呼吸によって大量の息を声帯に送り込むことで、か細かった声に太くなります。
これがフライ スクリームです。

声帯を開くフォールス コード スクリームに対して、フライ スクリームは声帯を閉じた状態で発声するため、慣れるまで声のコントロールはとても難しく時間がかかります。

焦ってしまうと喉を壊してしまう恐れがあるため、少しずつでいいので出し方を身体に覚え込ませていきましょう。

▶練習場所

デスボイスの練習を行う際にベストなのはカラオケボックスです。今では「ヒトカラ」など、1人でも入れるカラオケボックスがありますので、そこで練習するといいでしょう。

ただお金がかかってしまい、少しでもお金を浮かせたい場合は自宅でもできます。家でやる場合は声量を落としたままで、喉や身体の使い方を覚える形で練習してください。

周りからするとデスボイスの練習は怒鳴っているように聞こえ、下手したら警察を呼ばれてしまいます。とても家でオススメできる方法ではないため、家では喉と身体の使い方を覚えることに焦点をあわせ、ある程度できるようになったらカラオケボックスで練習してみましょう。

カラオケボックスでなくても、練習スタジオの個人練習だと1時間500円でスタジオを使うことができるのでそういった環境を使うといいでしょう。

▶注意点

慣れないうちはどうしてもデスボイスは喉に負担をかけてしまいやすくなります。正しい発生方法を習得する前や、喉の調子や疲れ具合がいまいち把握できていないときは、ちょっと余力を残した状態で休ませるようにしましょう。

短期間でデスボイスを習得しようとせずに、日々の積み重ねで少しずつコツを掴んでいくことが重要なのです。

目安といては、15分程度にしておき長くても30分でやめるようにしましょう

これはデスボイスに限らず、通常の歌でも同じことが言えます。
デスボイスに比べて練習時間は長くなってもいいですが、あくまでも無理はせずに「ちょっと余力を残した状態」で練習はやめるようにしてください。

喉を傷つけない方法

デスボイスは喉を傷つけやすい歌い方であることはお伝えしましたが、喉への負担を最小限に抑えるにはどうしたらいいでしょうか。

そこでプロもおこなっている喉に負担をかけない方法と、B’zの稲葉さんも飲んでいて有名になった喉を守ってくれる飲み物を紹介します。

▶喉を負担を抑える歌い方

歌は、体の中の楽器である「喉(のど)」を使った演奏ですが、喉はもともと楽器として作られたものではありません。しかも身体の中にあり、目に見えないものですから喉の調子は自分で判断できるようにしなければいけません。
当然、無理をすれば喉をすぐに痛めてしまいます。

重要なのは「疲れたらすぐに喉を休ませること」です。そして歌っているうちに喉の疲れる程度が分かってきたら、「疲れる前に喉を休ませること」を覚えるようにしましょう。

ポイントとしては、以下のことを心がけてください。

ポイント①続けて喉を使わない(15分程度を目安、多くて30分)
②できるだけ間に小休止をたくさん入れる
③その日の喉の調子によって歌う時間を増減したり、メニューを変える

▶喉を守る飲み物

プロの現場でも使われていて、B’zの稲葉さんが飲んでいることで有名になったのが『スロートコート(Throat Coat)』というお茶です。

飲んでみたら分かるのですが、とても滑らからで口の中から喉の奥の方までコーティングしてくれるように喉を守ってくれます。

保湿にとても優れていて、乾燥しやすいカラオケボックス内やレコーディング前などに飲むといいです。
喉を守るためにもライブ前など歌う前にも飲むといいでしょう。

ティーバッグになっているものが保存も聞くしどこでも飲めるのでオススメです。
ただ、このスロートコートは苦くてとても飲みにくいことでも有名です。

なのでハチミツを入れて飲むと飲みやすくなります。
シロップなど、自分が飲みやすいアレンジを加えて飲むようにしましょう。

詳細を見る

 

本格的に腹式呼吸や歌を習いたい方に

デスボイスの発生方法についてなどはご紹介させて頂きましたが、基本となるのはやはり腹式呼吸や歌う前のウォーミングアップの仕方、そして声の出し方です。

ある程度は我流で学ぶことはできますが変なクセがついてしまうとそのクセを治すのに時間と労力がかかってしまうのも事実。

そこで、「ちゃんとしたプロの先生に教えてもらいたい」といった方や「基礎から応用までちゃんと学びたい」といった方は、プロの講師に教えてもらうことをオススメします。

本来ならば一人ひとりにあった学校を紹介できればいいのですが、全国にある本格的にボイストレーニングを習えるところをここでは紹介させていただきます。

▶シアーミュージック

シアーミュージックでは、独学ではなかなか学べない発声方法はもちろん、記事では紹介するのが難しい声のコントロールの方法やトレーニングなどさまざまな上達法を教えてくれます。

今なら無料体験レッスン受付中なので、気になった方はぜひ下のボタンをクリックして詳細を確認してみてください。

 

▶EYS音楽教室

「楽器がもらえる音楽教室」として話題と鳴ったEYS音楽教室です。ボーカルや楽器以外にも、DTMレッスンや作曲、アレンジコースなど多彩なコースが揃っています。

 

 

The following two tabs change content below.

Ayasa@編集部

Music Garage編集部のAyasaです。 好きなアーティストはあいみょん、カノエラナ、BENI、宇多田ヒカルさんなどシンガーソングライターやJ-POPSが大好きです。 MusicGarageのTwitterの更新も私がやっています!

関連記事

  1. ファルセットの出し方

    ファルセットの出し方にはコツがあった!男性と女性に分けた練習方法も紹介

  2. EMTG電子チケット

    【2019年最新版】EMTG電子チケットの使い方や譲渡方法はこれで解決

  3. 誰でもすぐにリズム感が良くなる練習法!リズム音痴を鍛えるトレーニングを紹介

  4. 音痴は直る!原因を見つけ改善する方法はコレ【今すぐ使えるテクニックも紹介】

  5. 発声練習の効果まとめ

    動画で発声練習をマスター!どう練習すればいいのか分かる、自宅でできる正しい発声方法

評価の高い商品

デノン「AH-D5200」

Amazonレビューを読む

ファイナル「E1000」

Amazonレビューを読む

フェンダー「NINE」

Amazonレビューを読む

パイオニア『SE-MS9BN』

Amazonレビューを読む

エティモティックリサーチ「ER2SE」

Amazonレビューを読む

おすすめ記事

  1. noTOKYO オルタナ・ロック界を賑わすnoTOKYOが11月30日にライブ決定!
  2. 金子ノブアキの新プロジェクト“RED ORCA”が新曲「ORCA FORCE」を…
  3. 宮崎出身のSSW中島彩歌がリリース記念ワンマンライブ決定!新MVも公開
  4. 2020年に復活!!RAGE AGAINST THE MACHINEがライブ公演…
  5. MUSHA×KUSHAが10年振りのフルアムバム『影囁く暁に』を11月17日に発…

よく読まれている記事

  1. noTOKYO
PAGE TOP