ニュース

金子ノブアキの新プロジェクト“RED ORCA”が新曲「ORCA FORCE」をリリース!

RIZEやAA=のメンバーであり役者としても活動している金子ノブアキによる新プロジェクト“RED ORCA”の新曲「ORCA FORCE」が11月1日に配信リリースされました。

『ORCA FORCE』はRED ORCAにとって初リリース作品となっており、9月30日にティザー映像が公開されていました。

綺麗なアンビエントコーラスがハードコアな楽曲にこれ以上ないぐらいにマッチ

金子ノブアキの真骨頂であるハードコアの楽曲に、デジタル加工された激しいラップヴォーカル。最初聞いたとき、金子ノブアキがメンバーとして活動をしているAA=(エーエーイコール)に近い音楽だと感じていたが、一曲通して聞いたときにその印象は変わった。

10年前に発売された金子ノブアキのソロプロジェクト『オルカ』で聞いたあの美しいアンビエントな優しくて美しいコーラスが入ってくる。
まさか、その対象的ともいえる2つの音楽がここで一緒になろうとは。

REDORCAは“怒りのシャチ”と考えればいいのだろうか。

今回の新プロジェクトであるRED ORCAのメンバーはまだ発表されていないが、ハードコアやラウド、メタルの界隈の人からすると想像はつくだろう。

すでに初ライブも東京と大阪で開催することが決まっている。
しかも東京公演にはKYONO・大阪公演にはPRAISEを対バンゲストとして迎える。チケットは現在一般発売中だが、残りわずかとなっているのでお早めに!!

『ORCA FORCE』/ RED ORCA 配信リリース

2019年11月1日(金)デジタルリリース開始!

 

▶ライブ情報

RED ORCA LIVE 2019

2019年12月18日(水) 東京・SPACE ODD  共演/KYONO
2019年12月20日(金) 大阪・ROCK TOWN  共演/PRAISE

◼︎チケット

前売り¥4,500 ドリンク代別途必要
一般発売:10月26日(土)10:00〜

チケットぴあ:http://w.pia.jp/t/kanekonobuaki/
<東京>・Pコード:166-726  <大阪>・Pコード:167-109

ローソンチケット:http://l-tike.com/nobuakikaneko
<東京>・Lコード:73566    <大阪>・Lコード:52302

イープラス: http://eplus.jp/kanekonobuaki/

楽天チケット:http://r-t.jp/nobuakikaneko

RED ORCAのバイオグラフィー

金子ノブアキによるNEW PROJECT。
90年代よりジャパニーズロックシーンの第一線を戦い続けてきた男の新たなる提示。
自身のバンド活動、及びソロ活動での粋を結集させた比類無き音楽性でライブハウスを席巻する。

2019年11月に公開となる映画「MANRIKI」の主題歌を担当。
映画は韓国の第23回プチョン国際ファンタスティック映画祭で、 ヨーロッパ国際ファンタスティック映画祭連盟(EFFFF)のアジア賞である「EFFFF Asian Award」を受賞。昨年大ヒットとなった「カメラを止めるな!」に続く快挙となった。
なお、2019 年 12 月に東京・大阪にて初ライブを開催する。

 

金子ノブアキのプロフィール

ミュージシャンであり、俳優としても活動。
バンド活動以外に2009年よりソロ活動も始動し、3枚のアルバムを発表。
音楽、映像、照明を駆使したソロライブは高い評価を受け、アートや舞台、映画などの音楽制作も行いあらゆるジャンルの壁を超えて活躍中。
俳優としては映画やドラマ、CMに出演し際立った存在感で魅了。

 

『Historia』金子ノブアキ

2014年2月12日発売

  1. Historia
  2. Postman
  3. Weather and Seasons
  4. Call My Name
  5. Signals
  6. Ranhansha
  7. Curtain
  8. Sad Horses
  9. The Chairplay
Amazonで無料で聞く

 

 

The following two tabs change content below.
アバター

Ayasa@編集部

Music Garage編集部のAyasaです。 好きなアーティストはあいみょん、カノエラナ、BENI、宇多田ヒカルさんなどシンガーソングライターやJ-POPSが大好きです。 MusicGarageのTwitterの更新も私がやっています!

注目記事

大人気! 歪みエフェクター 12選 (1) 1

ギターやベースを買ったとき、一緒に買いたくなるのはエフェクター。コンパクトエフェクターは1万円ほどで購入でき、楽器の音色を大きく変えてくれる楽しみがあり、ハマってしまうと抜け出せなくなるほど。それほど ...

fender_nine 2

ギターメーカーとしては誰もがしっている「Fender(フェンダー)」。フェンダーはここ数年、イヤホンやBluetoothスピーカーなどを含むオーディオ分野にも積極的に製品を発売しています。 そのなかで ...

3

待ってたよ!!! 2011年のライブ以降、活動を休止していたRAGE AGAINST THE MACHINE(レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン)が2019年11月2日、SNSで9年ぶりにライブを行う ...

-ニュース
-,

Copyright© Music Garage , 2020 All Rights Reserved.