AH-D5200

イヤフォン/ヘッドフォン 機材

オールラウンダーのヘッドホン!音質とバランスに優れたデノン「AH-D5200」

2019年8月15日

デノン「AH-D5200」

65,000円前後
4.4

全体のバランス

5.0/5

高音域

4.5/5

中音域

4.0/5

低音域

4.0/5

遮音性

4.0/5

装着感

5.0/5

ここがいいね👍

  • 抜群の装着感
  • 長時間聞いても疲れにくい
  • アコースティックから打ち込みまで幅広いジャンルにOK

ここがおしい💦

  • 人の好みが分かれるデザイン
  • ガツンとくる低音の音圧を求める方には不向きかも

DENON(デノン)のハイエンドクラス「AH-D7200」の下位モデルでありながら天然木をハウジング*1に採用したことで音の豊かさとクリアを兼ね備えたプレミアムヘッドホン「AH-D5200」。

ポイント*1:ハウジングとは、耳の外側部分に覆いかぶさっている箱のような箇所をいいます。
ヘッドホンの音質という部分で重要な役割を持っていて、構造や素材によって大きく音が変化します。

ヘッドホンなのにまるでスピーカーから鳴っているような感覚を体験させ、形状記憶フォームのイヤーパッドは耳を優しく包み込んでくれるため、抜群の装着感を得ることができます。

アコースティックからポップス、テクノなど幅広い音楽ジャンルに対応したヘッドホン「AH-D7200」を本日は紹介します。

DENONの特徴である柔らかい落ち着いた音でありながら、豊かな音を実現

まず目に入るのが、シマウマのような縞模様のハウジング。見た目の通り、落ち着きのある音を実現しています。

このゼブラウッド・ハウジングは温かみだけでなく、高音域もクリアに再現しており、アコースティックから打ち込みまでオールラウンダーで楽しむことができます。

形状記憶フォームを採用したイヤーパッドは、耳を優しく包み込んでくれるので抜群の装着感を実現しました。

人工皮革のおよそ2倍の耐久性を備える人工皮革を採用し、頭部のカーブにフィットするよう仕上げています。そのため、圧力が均等にかかる理想的な形になっていてストレスなく長時間使い続けることができます。

サウンドの肝となる50mm口径ドライバーユニットは、一般的なドーム形状ではなくスピーカーユニットの構造と同じように、口径、振動板外周をロールエッジで保持するフリーエッジ構造を採用していて、クリアな音と豊かな音を実現させています。

オープン価格は65,000円前後となっているが2019年8月時点、Amazonなどで5万円ほどで購入できます。5〜6万円台のヘッドホンの中では間違いなくトップクラスともいえるので、コスパは抜群。

ヘッドホンの中でも飛び抜けてオールラウンダーで使えるものといって問題なく、よほど低音の音圧を求める人でない限り、予算に問題ないならオススメしたい一品です。

デノン「AH-D5200」のスペック

商品名AH-D5200
ブランドデノン
形式密閉型
ドライバー50mmダイナミック型
感度103dB
インピーダンス24Ω
ケーブル長さ3.0m
プラグ3.5mm
重量385g(ケーブル除く)
再生周波数5Hz〜40kHz
付属品6.3mm標準変換プラグ
キャリングポーチ
Amazonで見る

 

The following two tabs change content below.

注目記事

発声練習の方法 1

もくじデノン「AH-D5200」発声練習の効果と役割を知る期待できる効果発声練習の役割①ウォーミングアップ②技術の習得【喉の土台を作る】良い発声には姿勢・喉・呼吸が重要「正しい姿勢」■姿勢が良くなる方 ...

ファルセットの出し方 2

もくじデノン「AH-D5200」ファルセットってなに?裏声との違いファルセットの出し方と練習方法▶ファルセットの出し方・練習方法の基本編▶ファルセットの出し方・練習方法の応用編【男女別】ファルセットの ...

音痴 3

もくじデノン「AH-D5200」カラオケで音程が外れている人に陥りがちなこと【ステップ1】自分の音痴の原因を知ることから始めよう〜あなたはどのタイプ?〜自分は運動性音痴と感覚性音痴のどちらか知る感覚性 ...

-イヤフォン/ヘッドフォン, 機材
-,

Copyright© Music Garage , 2022 All Rights Reserved.