注目の記事 PICK UP!

低音域から高音域の全域で高音質を再現!最上級のハイレゾイヤフォン「intime碧-Ti3」が発売!

フラッグシップモデルのintime碧-Ti3

低価格でありながら高品質のイヤフォンをリリースしているがオーツェイドの「intime 碧(SORA)シリーズ」から最上級のモデルが登場しました。
それが「intime碧-Ti3」です。

コスパ最高のintime 碧(SORA)シリーズから最上級モデルが登場

従来のintime 碧(SORA)シリーズでは、3000円代という手軽な価格でありながら非常に高品質で音質にも満足できる製品を数々リリースしてきました。

そのintime 碧(SORA)シリーズから最上級モデル(フラグシップモデル)が登場、それが今回紹介する「intime碧-Ti3」になります。

フラッグシップモデルのintime碧-Ti3
フラッグシップモデルのintime碧-Ti3

従来のintime 碧(SORA)シリーズでは、セラミックツイータVSTを用いたハイブリット型ハイレゾイヤフォンでした。

今回発表された「intime碧-Ti3」は、フルチタン構造にオリジナルのチタンコートウーハー、セラミックのリニアリティ特性を改善したセラミックツイータ新型VST2を採用しました。

と書きましたが、具体的に何が良いのか説明しますね

intime碧-Ti3に搭載されたintimeだからできた最新の技術

「intime碧-Ti3」は、何が凄いのかアピールできる5つの特徴をここでご紹介します。

1.セラミックツイータVST2の改善で不調和音を低減させ、聴き心地のよい中高域に特化

オーツェイド社の独自開発による積層型セラミックツイータVST2、ここに使われているセラミックエレメントの材料特性の見直しが行われました。
これによって、従来材料よりもリニアリティの高い材料(PZT:チタン酸化物を用いたセラミック)を開発し、不調和音を低減することに成功しています。

もともとVST2はスーパーツイータのため可聴域外の音の再生がメインでしたが、リニアリティの向上により不調和音を低減させることができ、それによって効果的な倍音を得ることができました。

つまり、従来の解像度の高さを維持したまま今までは実現できなかった聴き心地の良い、落ち着いた中高域を奏でられるようになったんです。

2.チタン合金を採用したことで音響伝達速度が飛躍的に向上!深くピュアな音を再現

イヤフォンにとってサウンドユニットを固定する筐体材料や形状は、非常に影響力が大きいものとなります。
特に材質が音に与える影響はとても大きく、良い音で聴こうとしたら密度の高い材質を用いることが重要です。なぜなら余分な偏振動を抑制出来るというメリットがあるからです。

しかし、密度の高い材質を用いることで重くなり、特にイヤフォンの場合だと耳から抜け落ちやすくなるというデメリットもあります。

そこで「intime碧-Ti3」では、イヤホンの軽量化を目的として軽量なチタン合金を採用しています。チタンは軽量(低密度)ではあるものの、その機械的剛性が高く制震性にとても優れていて、音響伝達速度が高いというメリットを備えています。

その反面、加工性が悪いため高価になるというデメリットもあるのです。

「intime碧-Ti3」では、内部構造の設計を根本から見直し、加工性や制震性、音響特性の全てをバランスよくまとめあげることに成功しています。

これにより軽量筐体とは思えない、深くピュアな音を再現出来るようになりました。

3.ハイブリッドケーブルを開発し、低域の解像度、臨場感、音の分離感を大幅に向上

低域音質はケーブルの材質によって大きく変わってきます。前作である「intime碧Light-Ballanced2.5」の開発時に培った技術をベースに、低周波数域での解像度を上げるため、日本ディックス社様との協業でハイブリッド型のケーブルを開発したそうです。

ケーブルの芯材のHOT側にOFC+銀コート、COLD側にOFCを用いることで低域の解像度、臨場感、音の分離感を大幅に向上させることに成功!

その結果、3.5mmのアンバランスプラグ接続であるのに、まるでバランス接続で聴いているような高い解像度と左右の分離感を感じることができます

4.チタンコートウーハーで深みのある沈み込むような低域を再現

イヤホンの中心的な役割を担うのはウーハーです。今回は「intime轟」で定評のあったチタンコートウーハーを採用しています。

同ウーハーの最大の特徴は速度感のある低域再生力。「intime碧-Ti3」では、その周辺支持部材にダンピング特性に優れた部材を用いることで、チタン合金の制震性も相まって余分な偏振動を抑制させることに成功し、速度感に加えて深みのある沈み込むような低域を実現させています。

5.HDSS(R)技術によって低域から高域にわたり心地よい音を再現し、聴き疲れがしにくい

「intime碧-Ti3」では米国TBI Audio Systems LLC社様の特許技術であるHDSS(R)技術も採用しています。
これによって筐体内部の音の流れを整然化し、ウーハーに影響する偏振動を抑制することができます。

その結果、聴き疲れしにくい優しい音で聴くことができます。HDSS(R)技術によって、まろやかにまとまった音とVST2のエッジの効いた音を絶妙に組み合わさったことで、低域から高域の全域にわたりバランスの良い心地よい音を再現されています。

付属品

また、この「intime碧-Ti3」には、本革のイヤホンケースが付いてきます。
イヤフォンと一緒にイヤーピースを入れておくと便利ですよね。イヤーピースを別で持っておくのは結構面倒くさいので、ひとつで管理できるのはとても嬉しいです。本皮ということもあって高級感ありますし。

本革イヤホンケース

「intime碧-Ti3」の主な仕様

形式ハイレゾ対応カナル型イヤホン
ドライバーハイブリッド型
Φ10mmダイナミックスピーカ+VST2+HDSS(R)
音圧レベル100dB/mW
再生周波数帯域10Hz~55kHz
インピーダンス22Ω
ケーブルNDIC社製 ハイブリッドケーブル 3.5mmステレオプラグ/1.2m
イヤピースアコースチューン社製(S,M-,M+,L)
付属品取り扱い説明書、本革イヤホンケース
発売時期2019年8月2日予定
希望小売価格¥18,500(税別)
Amazonで見る

 

メーカー様のintime碧-Ti3 開発背景について(抜粋)

オーツェイドではこれまで独自開発の積層型セラミックツイータを搭載したハイコスパイヤホンintime碧シリーズの開発と販売を行ってきました。おかげさまで各製品共にご好評を頂き、セラミックツイータを用いたハイブリッド方式のコスパイヤホンとして徐々にお客様から認知されてきております。

一方でお客様からツイータの良さをもっと活かせる低域再生能力を持つイヤホン開発のご要望、さらに上級者向けのフラッグシップ製品の開発のご要望を頂いておりました。

この度これらお客様のニーズにお応え出来るフラッグシップモデルとして「intime碧-Ti3」を開発いたしました。本製品では新開発のVST2を音響伝達速度の高いチタン合金筐体に実装し、オリジナルのチタンコートウーハーとの最適化を図ることで、沈み込むような深い低域再生能力を持つイヤホンを実現いたしました。特に低域から高域まで全域にわたり音の解像度は高く、かつてない臨場感も得られています。まさにintimeブランドのフラッグシップに相応しいクォリティーに仕上がっています。

大人気intime碧Light-2019Editionでは新色が登場!初めての方へオススメ

また、既に発売されている同社の大人気イヤフォン「intime碧Light-2019Edition」に、新色「アクアマリン」と「ガーネット」が追加されました。

intime碧Light-2019Edition(アクアマリン)
intime碧Light-2019Edition(アクアマリン)
intime碧Light-2019Edition(ガーネット)
intime碧Light-2019Edition(ガーネット)

ハイレゾ対応されたイヤフォンでハイスペックモデルは価格が高くて手を出しにくいという方は、こちらのモデルを試してみるといいでしょう。

この「intime碧Light-2019Edition」は7月13日からe☆イヤホンで先行販売が開始されています。一般販売は8月上旬を予定しており、価格は3,703円となりますのでお近くでない方は発売日を待ちましょう。

「intime碧Light-2019Edition」の主な仕様

形式ハイレゾ対応カナル型イヤホン
ドライバーハイブリッド型
Φ10mmダイナミックスピーカ+VST
音圧レベル102dB/mW
再生周波数帯域20Hz~40kHz
インピーダンス22Ω
ケーブル3.5mmステレオプラグ(無酸素銅)/1.2m
イヤピースアコースチューン社製(S,M-,M+,L)
同梱品取り扱い説明書
発売時期2019年8月初旬(2019年7月13日からeイヤホン様全店舗で先行販売)
希望小売価格¥3,703(税別)
Amazonで見る

 

The following two tabs change content below.

Ayasa@編集部

Music Garage編集部のAyasaです。 好きなアーティストはあいみょん、カノエラナ、BENI、宇多田ヒカルさんなどシンガーソングライターやJ-POPSが大好きです。 MusicGarageのTwitterの更新も私がやっています!

関連記事

  1. DP-008EX-OT

    奥田民生と夢のセッション!8トラックデジタルMTR『DP-008EX-OT』で『与える男』の販売開始…

  2. E1000

    3,000円以内のイヤホンならこれ一択!バランスと音質の優れたファイナル「E1000」

  3. 大人気! 歪みエフェクター 12選 (1)

    ギター・ベースの歪みはコレに決まり!大人気の歪みエフェクター 12選

  4. 遮音性が抜群のイヤホン!ダイナミックな音圧とバランスに優れたエティモティックリサーチ「ER2SE」

  5. 3Dサウンドでどこでもライブ会場!立体音で360度死角なしの「3Dサウンドイヤホン」先行販売スタート…

  6. 【2019年8月】FenderからRed Hot Chili Peppersのベーシスト、Flea(…

  7. fender_nine

    中低音域の迫力ある音圧を感じるイヤホン!フェンダーの「NINE」

  8. Pioneer SE-MS9BN

    Pioneer『SE-MS9BN』を本音でレビュー!価格、音質、機能など全部言いますわ

  9. 『DJ-707M』

    ローランドからDJ&音響ミキサー機能を持ったDJコントローラー『DJ-707M』が発売!

評価の高い商品

デノン「AH-D5200」

Amazonレビューを読む

ファイナル「E1000」

Amazonレビューを読む

フェンダー「NINE」

Amazonレビューを読む

パイオニア『SE-MS9BN』

Amazonレビューを読む

エティモティックリサーチ「ER2SE」

Amazonレビューを読む

おすすめ記事

  1. noTOKYO オルタナ・ロック界を賑わすnoTOKYOが11月30日にライブ決定!
  2. 金子ノブアキの新プロジェクト“RED ORCA”が新曲「ORCA FORCE」を…
  3. 宮崎出身のSSW中島彩歌がリリース記念ワンマンライブ決定!新MVも公開
  4. 2020年に復活!!RAGE AGAINST THE MACHINEがライブ公演…
  5. MUSHA×KUSHAが10年振りのフルアムバム『影囁く暁に』を11月17日に発…

よく読まれている記事

  1. noTOKYO
PAGE TOP