注目の記事 PICK UP!

遮音性が抜群のイヤホン!ダイナミックな音圧とバランスに優れたエティモティックリサーチ「ER2SE」

エティモティックリサーチ「ER2SE」

23,000円前後
3.65

全体のバランス

3.5/5

高音域

3.0/5

中音域

4.0/5

低音域

4.0/5

遮音性

4.5/5

装着感

3.0/5

ここがいいね👍

  • 耳の奥までスッポリ入り驚異の遮音性
  • ボーカルが聞きやすい
  • 厚みのある音圧を体感できる

ここがおしい💦

  • 高音がちょっと硬め
  • 音の解像度が少し弱め

3段フランジにより遮音性は抜群!全帯域をバランスよく再現

ETYMOTIC RESEARCH(エティモティックリサーチ)といえば、この特徴的な3段フランジのイヤーチップ。この3段フランジが耳の奥までスッポリ入るため、遮音性はイヤフォンのなかでも抜群です。

騒音が気になるようなところでは、音楽をかけなくてもイヤホンをしているだけでも周りの音が気にならなくて便利です。

3段フランジに最初は慣れないかもしれませんが、慣れると他のイヤホンでは物足りないという人も多くいます。

もちろんこの3段フランジの特徴は遮音性だけではありません。クリアな高域を再現し、低音が出そうとするとつい埋もれがちになってしまうボーカルの高音域をしっかりとクリアに出すことを可能にしています。

正確な原音を再生することに長けており、全帯域をバランス良く聞くことができます。

ダイナミック型ドライバーを搭載することで迫力ある音圧を

このER2SEはダイナミック型ドライバーを1基搭載しています。そのためダイナミック型の特徴である再生周波数帯域が広く再現することができるため、押し寄せるような音圧を感じながらも、かつ繊細でクリアな音を再現することができます。

着脱式イヤホンになっていてケーブルはMMCXを採用していますが、コネクター部分が独自のものとなっており、どれでも合うわけではないためリケーブルの際は注意が必要です。

高音から低音まで全域でバランス良く聞きたい方にとってオススメのイヤホンです。
 

エティモティックリサーチ「ER2SE」のスペック

商品名ER2SE
ブランドエティモティックリサーチ
形式カナル型
ドライバーダイナミック型
感度96dB
インピーダンス15Ω
ケーブル長さ1.5m
プラグ3.5mmアンバランス
再生周波数20Hz〜16kHz
付属品ポーチ
ケーブル
シャツクリップ
フィルター交換ツール
交換フィルター
イヤーチップ(3ペア)
Amazonで見る

 

The following two tabs change content below.

Ayasa@編集部

Music Garage編集部のAyasaです。 好きなアーティストはあいみょん、カノエラナ、BENI、宇多田ヒカルさんなどシンガーソングライターやJ-POPSが大好きです。 MusicGarageのTwitterの更新も私がやっています!

関連記事

  1. E1000

    3,000円以内のイヤホンならこれ一択!バランスと音質の優れたファイナル「E1000」

  2. AH-D5200

    オールラウンダーのヘッドホン!音質とバランスに優れたデノン「AH-D5200」

  3. アンプモデラー/プロファイラーの違いってなに?LINE 6から発売したギタースピーカー『Powerc…

  4. fender_nine

    中低音域の迫力ある音圧を感じるイヤホン!フェンダーの「NINE」

  5. フラッグシップモデルのintime碧-Ti3

    低音域から高音域の全域で高音質を再現!最上級のハイレゾイヤフォン「intime碧-Ti3」が発売!

  6. 【2019年8月】FenderからRed Hot Chili Peppersのベーシスト、Flea(…

  7. Pioneer SE-MS9BN

    Pioneer『SE-MS9BN』を本音でレビュー!価格、音質、機能など全部言いますわ

  8. DP-008EX-OT

    奥田民生と夢のセッション!8トラックデジタルMTR『DP-008EX-OT』で『与える男』の販売開始…

  9. 『DJ-707M』

    ローランドからDJ&音響ミキサー機能を持ったDJコントローラー『DJ-707M』が発売!

評価の高い商品

デノン「AH-D5200」

Amazonレビューを読む

ファイナル「E1000」

Amazonレビューを読む

フェンダー「NINE」

Amazonレビューを読む

パイオニア『SE-MS9BN』

Amazonレビューを読む

エティモティックリサーチ「ER2SE」

Amazonレビューを読む

おすすめ記事

  1. noTOKYO オルタナ・ロック界を賑わすnoTOKYOが11月30日にライブ決定!
  2. 金子ノブアキの新プロジェクト“RED ORCA”が新曲「ORCA FORCE」を…
  3. 宮崎出身のSSW中島彩歌がリリース記念ワンマンライブ決定!新MVも公開
  4. 2020年に復活!!RAGE AGAINST THE MACHINEがライブ公演…
  5. MUSHA×KUSHAが10年振りのフルアムバム『影囁く暁に』を11月17日に発…

よく読まれている記事

  1. noTOKYO
PAGE TOP